読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガヴォット第1番ホ長調第3楽章”B-mollの地下酒場”

第3楽章は遠調の変ロ短調で語る60年史 桃李もの言はねば、誰とともにか昔を語らん。

ハロプロ三国志・魏書(再連載第4回)

青魏の東方海上の島にある魔鉱国は

俄かに騒然となっていた。

瞳に続いて今度は めぐみ が

キター朝鮮拉致されたのである。

 

友理奈:間違いありません。

    キムタクジョンイルは魔鉱炉の自国開発を狙っています。

    急いで青魏に渡り話をつけてきます。

    貢物は十分に用意したほうがいいでしょう。

 

麻琴王:世界の命運はそなたの活躍にかかっておる。武運を祈る

 

こうして友理奈は御手淫船に乗り青魏に渡った

 

友理奈キター朝鮮に魔鉱炉の技術が渡ると世界の危機です。

 

圭織帝:その魔鉱炉とはどのようなものなのか

 

友理奈:物質は原子と空間からなる ということをご存知ですか

 

圭織帝:デモクリトリス原子説か

 

友理奈デモクリトスです。

    魔鉱炉は原子の中心にひそむ 強い力 を引き出すのです

 

圭織帝:つまり悪魔の枢軸の手にわたる前にたたきつぶせ ということか

 

友理奈:魔鉱国と手を握っていただけますか

 

圭織帝:もちろんだ 手を握れ青魏の味方 というではないか

 

その年大陸東部は大寒波に襲われた。

 

 

注:友理奈の 絶対零度の視線 は

  天体をまるごと全球凍結にできるくらいですから

  局地的に大寒波をもたらすくらいわけないです

 

  御手淫船: ヲタにハァハァさせてその反作用で進む船

         海洋汚染のおそれがあるので現在は禁止されている