ガヴォット第1番ホ長調第3楽章”B-mollの地下酒場”

第3楽章は遠調の変ロ短調で語る60年史 桃李もの言はねば、誰とともにか昔を語らん。

第71期A級順位戦最終局

昨年まで NHK-BS で放送されていましたが
今年はNHKが手をひき スカパーが7つのチャンネルを使っての完全生中継
完全生中継はありがたいけど初手からの解説がほとんどなくなって
番組の質としてはかなり落ちてしまいました。

羽生三冠-橋本八段
先手の橋本八段が3手目に右の端歩をつき中飛車に振ったので
通常のゴキゲン中飛車を先後逆にしたような戦形
橋本八段の攻めがやや無理筋気味で終始羽生三冠が優勢
羽生三冠は勝って8勝1敗で名人戦挑戦 橋本八段は2勝7敗でB1へ降級


郷田棋王-渡辺竜王
相矢倉の最新定跡形 先手の渡辺竜王が攻めて優勢に見えたが
後手の郷田棋王がしのいで6勝3敗 渡辺竜王は5勝4敗


佐藤王将-深浦九段
後手の佐藤王将の振り飛車で序盤から激しい展開
その後落ち着いて難解な局面が続いたが
佐藤王将は5勝4敗 深浦九段は3勝6敗


屋敷九段-谷川九段
相穴熊 先手の屋敷九段が居飛車 後手の谷川九段がゴキゲン中飛車
屋敷九段は5勝4敗 谷川九段は2勝7敗で 高橋九段が勝てば降級だったが辛くも残留


三浦八段-高橋九段
先手の高橋九段の横歩取らせ
ゆっくりした展開になり終局も最後に
三浦八段は7勝2敗 高橋九段はB1へ降級