ガヴォット第1番ホ長調第3楽章”B-mollの地下酒場”

第3楽章は遠調の変ロ短調で語る60年史 桃李もの言はねば、誰とともにか昔を語らん。

蒼空(尾崎紀世彦)

最近芸能人の訃報が相次いでいますね
生活の不規則な人が多いのであまり長生きできないのでしょうか


♪もしも何かで 俺が死んでも 遠い誰かに知らせを出すな
 花を飾って泣いたりするな 長い話しで 時間をとるな
 できるものなら 蒼空の下へ 俺のからだを そっとおいてくれ
 忘れかけてた 蒼空の色を 思い出しながらそっと眠りたい。

         (作詞:阿久悠、作曲:曽根幸明)

曽根幸明という作曲家は作品の数は多くないようですがこれは間違いなく名作
後に上条恒彦が半音低い変ホ長調でカバーしています。
歌い方はこちらのほうが好きなのですがyoutubeでは見つかりませんでした。