ガヴォット第1番ホ長調第3楽章”B-mollの地下酒場”

第3楽章は遠調の変ロ短調で語る60年史 桃李もの言はねば、誰とともにか昔を語らん。

悲しき雨音(カスケーズ)


♪Listen to the rhythm of the falling rain,
 Telling me just what a fool I've been.
 I wish that it would go and let me cry in vain,
 And let me be alone again.

歌詞の中に出てくる in vain というのは
試験に出る英熟語 にも出ていたけど  むなしく という意味
そういえば 元のタイトルは RHYTHM OF THE RAIN  なのに
どうして 悲しき雨音 になるんだろう
この頃の洋楽の邦題はやたら 悲しき がついてるけどね