読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガヴォット第1番ホ長調第3楽章”B-mollの地下酒場”

第3楽章は遠調の変ロ短調で語る60年史 桃李もの言はねば、誰とともにか昔を語らん。

雄叫びハウスin名古屋市公会堂

鶴舞-金山 間の中央線西通りは土日に駐車禁止が解除されます。

これは大変便利です。歩道橋の上から見ると

JR鶴舞駅の東側は鶴舞公演(つるまこうえん)の一角
駅名が つるまい だけに 
つるまいこうえん と呼んでしまいがちですが
正しい読み方は つるまこうえん  です




奥に名古屋市公会堂が見えます。
昭和初期に建てられたという時代を感じさせる建物です。

入口で千奈美聖誕祭のひまわりを配っているようです

昼公演には参戦しないのでいったん現場を離れ
午後3時くらいに戻ってくると
ちょうど昼公演が終わったところでした。
出てきた人たちと1時間くらい話してると
もう夜公演開演の時間です

ここ名古屋市公会堂は狭くて暑くて見にくいという最悪の会場
公園の中にあってのどかだし外観もレトロで風情があるんですが

ライブをやるには向いてない

狭いのに収容人員だけは多いから人口密度は高くなるし
床がフラットでよほど前の方じゃない限り何にも見えない
不幸にも柱の後なんか引いたら何も見えませんぜ
そしてもっと最悪なのが空調の性能が悪いので30℃をはるかに超える暑さになる

今回は最悪の3階席 という絶望感に見舞われましたが
幸いにも照明の真後で前に人がいない(デカい照明はあるけど)という幸運
でも3階は3階 なのでメンバーの視線は届きません



セットリストは中野と同じなので省略


本編が終わってアンコールに入るといよいよ 虹と雲プロジェクト発動
これも3階からレインボーカラーに染まった1階席がきれいに見えました
(そういえば桃子聖誕も最後方だったな)


从´∇`从 < いつもメンバーカラー一色なのに
       こんな虹色の光景は見たことないです。
       ホントにうれしいです。・・・・



というわけで



千奈美18歳おめでとう