ガヴォット第1番ホ長調第3楽章”B-mollの地下酒場”

第3楽章は遠調の変ロ短調で語る60年史 桃李もの言はねば、誰とともにか昔を語らん。

今日は娘。紺千秋楽

shuyo2006-05-07


今日はSSAで娘。紺千秋楽(&こんこん聖誕祭)
ツアーの終盤に紺野&小川の卒業発表があり
2ちゃんで生まれた”青空の10人”なる呼称も
またたくまにネット全体に広がりました。
もちろん多くの人が共感し賛同したからなんでしょうが
これまでのメンバーにはなぜ名前がつかなかったんでしょうか
2001年の中澤卒業〜5期生加入間の短い期間に
黄金の9人 という呼称があるくらいで
そのあとのいくつかの期間にはありません


春コンでは2002年
アルバム”4thいきまっしょい”をひっさげて
圭織が ”心を込めて13人で歌います” と言っていた
”なんにも言わずに I LOVE YOU” がとても印象に残ってます
今年の春コンも 本編のラストは同じ曲です


今の10人よりもあのときの13人
”13人がかりのクリスマス”のときの13人
6期生が加入する前の13人
活動期間だって 黄金の9人 よりは長いはず
圭織もなっちも矢口も圭ちゃんもごっちんもいた


別に6期生が嫌いなわけではないが
グラビアアイドル的になってきた 青空の10人 よりも
いろんなタイプが混在してアーティスト色の強かった
あの時代の13人がなんだか懐かしい


総じて評価の低い5期生だけど
総合的な能力に遜色はないと思う
ASAYANがキャラをうまく引き出してくれた1〜4期生 と
握手会などでなりふりかまわずベタなアイドル路線で売った 6〜7期生
地味で中途半端な戦略が5期生を伸ばしきれなかっただけのこと